仕事がつまらないから転職したいは主体性が無いから

2018年5月2日


余りにも単調な仕事でない限り、仕事がつまらないと考えるのは指示待ち人間になっているからでしょう。という話。

「仕事がつまらないから転職したい」。そう考えてしまうのは主体性がないからという話
就職活動を経て今の会社に入社したのはいいものの、毎日上司から指示を受けて働いているだけで、基本的に仕事はつまらないという...

それはそうなのかもしれません。

仕事がつまらなくてもいいや楽なら。と思ったこともあるのですが、やはり時間を無駄にしていると感じてしまいました。

その時間から少しでも学べることをしなくては、なにか考えて動かないともったいない気がします。

上司の指示を無視せずに、与えられた範囲・権限で最も効果的なことを考えるのも楽しいものです。

1.自分に与えられた仕事の役割と意味を知る
2.自分の仕事や会社が、社会においてどのような立場にあるのかを理解する
3.自分が上司や社長だったら、どんな部下や従業員を評価するかを考える
4.自分が担当する仕事において、どうすれば効率的かつ誰にも迷惑をかけないか

それでも楽しくない仕事であれば転職した方が良いのでしょう。

これも、転職できる力をつけることが重要だと思うので、転職するにしろしないにしろ、主体性を持って考えられる力を身に着けておかないといけないなと思いました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする