児童手当の改正

2022年10月から児童手当が改正されるそうです。

年収1200万円以上は廃止 児童手当で改正法:時事ドットコム
中学生以下の子どもを対象とした児童手当のうち、高所得者向けの「特例給付」について、年収1200万円以上の世帯への支給を廃止する改正児童手当法などが21日の参院本会議で賛成多数により可決、成立した。2022年10月支給分から適用され、政府は浮いた財源を、新たな保育所整備などの待機児童対策に充てる。

年収1200万以上の世帯への支給がなくなるのだとか。

2022年10月に児童手当特例給付が一部廃止へ…影響を受けるのは? | fuelle
児童手当法が改正され、「特例給付」が一部廃止されることになりました。この影響で、今までなら受け取れていたお金を、2022年10月以降は受け取れなくなる人がいます。児童手当の特例給付とはどんなもので、受け取れなくなるのはどんな人なのか、解説します。

まぁ1200万円もあれば困窮していることはないと思いますが、なんかいびつですよね。

しかも共働きの合算ではなく、単独の年収というところが余計ややこしいです。

先日の10万円給付も所得制限つけていましたし、それも単独年収。

もう少し考えたほうが良いような気がします。

そもそも児童手当は子供に対してだから、所得制限を付けないほうが良いと思いますがどうなんでしょうか。

せめて世帯の合算年収にすればいいのに。

でも、そうすると何のために共働きしているのかとか言われるのかな。

やはり、所得制限を辞めるか、年収額を500万円以下とかに下げるかしたほうが良いのではないかな。

難しい問題なのかもしれませんね。

しかし、負のスパイラルに入ってしまっている気がするので、老人にかけるお金より子供にかけるお金を優先していかないとこのスパイラルから抜け出せない気がします。

もう少し長期的な視野を持った政治家を増やさないと無理かもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする