「足利氏館」@16城目

2019年8月10日

栃木県足利市にある足利氏の館に行ってきました。

足利氏の祖である源義康が12世紀半ばに館を構えたことから始まるらしいです。

方形にお堀で囲んだ館でお城なのかなと行く前は思っていたのですが、行ってみたら非常に良かったです。

足利氏館は名称としてはあまり有名ではなく、地図上では「鑁阿寺(ばんなじ)」となっています。

1234年に足利義氏が館から氏寺に整備したそうです。

前日の夜に到着し、目の前にビジネスホテルに泊まりました。

翌朝早朝にさっそく見学したのですが、入口の太鼓橋から非常に風情がありました。

鑁阿寺は真言宗大日派の本山であり、本堂が国宝指定されていることからも非常に素晴らしいところです。

橋の横には足利氏の館であったことを示す標識がありました。

東西南北に門が設置されています。お堀の周りをぐるっと一周廻りましたが、どの門も素晴らしく水掘と土塁で囲われており小さいながらもしっかりしたお城です。

正面の山門をくぐると真正面に本堂が見えます。

こちらは非常に大きいです。

建立は1299年らしく、その後1400年頃に大規模な改修が行われたらしいですが、ずっと建っています。

お城で現存天守は12城、最も古くて16世紀後半と言われている中、13世紀後半に作られたこの本堂は少し歴史の重みが違う気がしました。

この本堂の左手側にあるお守り等が置かれている場所に100名城スタンプは置かれています。

朝9時からですが、8時過ぎにお寺の方に話したらスタンプを出してくれました。

本堂は国宝ですが、それ以外にもたくさんの見どころがあります。

東西南北の門も良いのですが、鐘楼も立派でした。1196年からずっとあるようですので八百年以上この地を守っています。

他にも多宝塔は屋根は正方形ですが壁は円形になっており、鎌倉時代によくここまでの建造物を建築できたなと不思議に思います。

日本の木造建築のすごさを認識でき、非常に良かったです。

最後の敷地にある大銀杏の木を眺めて出ました。

小さいから期待できないとか館なので城なのかとか思っていたのが恥ずかしいです。

大小に現れない歴史を感じることが出来ました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする